​腰越の家

 のどかな里山風景と神社への参道に囲まれた住宅の建替え計画。既存の庭と松を活かしたいという要望に対して、雁行配置により建物と庭を市松模様のように描いている。

 主寝室では腰掛け付きの窓で松と庭を切りとり、ダイニングでは裏山に咲く桜や紅葉が味わうために窓の高さをテーブルに揃えたりと、場所ごとに異なる外部の扱いや見え方の変化が、外部との多様な関係をつくる。

​ メインとなるリビング天井は庭に向けて片流れの勾配をとり、天井まで確保した開口を壁内に引き込むことで、外の光が天井面に反射しながら優しく奥へと導かれ、内外の連続性に奥行きが生まれる。

 屋根は平面形状に合わせて切妻を切り替え、場所に応じて異なる棟の高さが山の連なりのように見える。外壁の杉板と相まって馴染みながら、周辺環境と暮らしに根差す建築となった。

​埼玉県小川町

用途:専用住宅

竣工:2014年11月

構造:木造

階数:平屋

敷地面積:766.48㎡

建築面積:183.00㎡

延べ面積:177.21㎡