CLAY Coffee & Gallery

 読谷村ヤチムンの里にあるギャラリーを併設するカフェと住宅の計画。

ギャラリーは北窯の松田共司親方の専用ギャラリーであり、コーヒーにこだわりのあるご子息がカフェとギャラリーを運営しながら暮らす場所となる。 

 同じヤチムンの里にある北窯は県内最大となる13連房を有する登り窯で、4人の親方によるその共同窯を中心とした工房群は、何か一つの集落か学校のような雰囲気を作り出している。

 本計画では、工房の屋根に呼応するように4.5寸勾配の在来赤瓦。内部は150×60の垂木を連続させ、登り窯ような入れ子構造の奥行を作り出している。また、ギャラリーの床は現場の土工事で出てきた赤土を使用し、親方とご子息が自ら成型し焼いたタイルを敷き詰めた。

 圧倒的な数の器を作ることで洗練されてきた親方の「用の美」と共に時を重ねてきた工房群のように、自家焙煎のコーヒーを支えるように大らかでどっしりと構える「うつわ」としての建物を目指した。

沖縄県読谷村

用途:カフェ・ギャラリー、住宅

竣工:2020年8月

構造:壁式鉄筋コンクリート造一部木造

階数:地上1階

敷地面積:2764.22㎡

建築面積:208.06㎡

延べ面積:189.00㎡

atelier tricycleとの共同プロジェクト